商材の仕入れの流れ|POSレジのメリットを改めてチェック!【賢い経営を考える】
ウーマン

POSレジのメリットを改めてチェック!【賢い経営を考える】

このエントリーをはてなブックマークに追加

商材の仕入れの流れ

美容室

最近、美容室を開業する人が増えてきています。美容室は開業支援が少なく済み、また外装や内装を大幅に自分好みのものにできるというメリットがあるからです。また、美容師を目指す若者も多いことから雇用に困るという心配性もほとんどありません。ただ、美容室の開業にあたり結構な額の資金を費やす部分があります。それはシャンプー台です。安いものであれば1台10万円以下で購入できますが、高いものだと50万を越す価格のものもあります。ただシャンプー台選びをする際は、機能性はもちろんですが、お店のコンセプトや内装に見合ったものを選ぶ必要があります。開業資金の関係で新品のものを購入する余裕がないのであれば、中古品を選ぶのも1つの手です。もちろん見た目的に中古品と思われないようなものを選びましょう。

美容室の開業にあたり、美容メーカーと美容ディーラーは切っても切れない関係となります。先程紹介したシャンプー台をはじめとした商材は、基本的にこれらの業者から仕入れるからです。メーカーから直接仕入れるようなことはほとんどなく、だいたいの場合メーカーからディーラーへ、そしてディーラーから美容室の流れで商材が行き渡る感じになります。美容メーカーが扱っている商材の幅は非常に広く、前述したシャンプー台をはじめ、カラー剤やヘアケア商品縮毛矯正器など様々なものを取り揃えています。これらをディーラーが買い集め、それを美容室を開業する人に販売するといった感じです。